Well-being

WHOが定めた『健康』の定義は、単に肉体的な意味で病気がないことや弱っていないことではなく、肉体的・精神的・社会的いずれの面においても『Well-being』な状態であるということを指しています。『Well-being』(幸福で健康)という考え方は人生100年時代と言われきている今、どのような社会生活を送っていくのか改めて考えていかなくてはならないでしょう。

そんななかスポーツ・運動が近年になってその効用がより多角的に受け止められるようになっています。健康増進や娯楽だけでなく、不調改善、ストレス発散、コミュニティー形成など健康的で豊かな社会生活を送っていくためには欠かすことの出来ないものとなります。

スポーツ・運動というと、しんどい、仲間や場所が必要、時間がないなど、やりたくても出来ない方が多くいらっしゃると思います。

しかし出来ることは多くあります。生活習慣を少し変化させるだけでカラダに変化が。まずは一歩踏み出してみましょう。SUPIN では皆さまの主観的な情報を基にカラダのチェックを行い、プランをご提示します。皆さまに合わせたプログラムで運動を行いますのでより効果的です。

なりたい自分になる。動き易いカラダを獲得して生活の質を向上させましょう。